フォレストくんのドキドキ☆日記

このトキメキは心不全★

自由研究3

引き続きpythonについて。

通常、pythonでは日本語は出力できないため、下のおまじない(コマンド)を実行しておく必要がある。

# -*- coding: utf-8 -*-

これで日本語も出力できる。

print('オカメインコ')

オカメインコ 

 うむ。

 

昨日から引き続きrandomモジュールをいじってみる。

簡単なランダムに要素を抽出するプログラム。

import random

 

A = ['stone','paper','scissors']

def janken():
n = random.choice(A)
print(n) 

これは、りすとA(グー、チョキ、パー)から一つを出力してくれるプログラム。つまり、ジャンケンしてくれるプログラムです。

janken()

stone

janken()

stone

janken()

stone 

あくまでランダムなので、こういうこともあるよね…

今回のプログラムは、前回と違い参考にするリストは関数の外に出しています。これはプログラムの中にリストを入れておくと、実行するたびにリストの読込動作を行うことになり、作業終了までの時間が長くなるからです。今回のように、リストの中身が少ない場合は大した差はないですが、リストの中身が多くなるほどこの差も大きくなります。

しかし、リストを関数の外で定義した場合は、同じ名前のリストは作れないというデメリットはあります。まあ、大したことではないですが…