フォレストくんのドキドキ☆日記

このトキメキは心不全★

PCメンテナンス知識1日目 (2)

引き続き知識をと徳を積もうの回

④RJ-45

知らない言葉だ、とりあえず調べよう。

RJ-45とは、EthernetISDNのケーブルを接続するために用いられる、8ピン式のコネクタ形状のことである。

f:id:bhsm2270166:20170928111438j:plain

なるほど分からんが、ネットに接続するケーブル端子の形のことらしい。

f:id:bhsm2270166:20170928111645j:plain

たしかに8本のピンを内蔵した端子のようだ。画像を見ると見覚えがある気がしてくる、有線でネットする時に使ってたケーブルだ。

そこまで多用することがないので意識はしないが、ケーブルの接続部分の形はそれぞれ全然違う。このRJ-45はネット接続用の形なのだろう。今は基本的に無線での使用しかしてないが、もっと安定して早い通信を求めるときはお世話になりそう。

 

⑤ファイルの圧縮

こちらはよく聞く言葉。画像などのファイルを送る時に、そのままのサイズで送ると大きすぎるので圧縮してから送ったりしている。また、ネットから受け取ったファイルは圧縮されていることが多いので解凍してから使うということも多い。

 

多用してはいるがどのような原理なのだろうか…?🤔

辞書式

一番単純な手法。連続する文字列の構成要素を、その個数で表す。下のようにあが4回続くならあ4、いが3回続くならい3というようにしていく。

 

圧縮前のデータ  ああああいいいうううううええええ

              圧縮arrow19.GIF (1471 バイト)arrow19.GIF (1471 バイト)解凍

圧縮後のデータ        あ4い3う5え4

 

しかし、都合よく同じ文字が連続することはそうないので実用されることはあまりない。

 

ハフマン法

記号の出現頻度を利用した最適ビット列化手法。
文字列内によく出てくる記号は短い符号で、出番の少ない記号は長い符号で符号化する。

例として

"晴晴晴晴曇曇晴雨晴晴曇晴晴晴雪晴晴晴晴晴"	

という記号列をビットで表すとき、,,,という記号に平等に2ビットずつ00,01,10,11という符号を割り当てると40ビット必要になる。

"0000000001010010000001000000110000000000"

出現頻度の多い,,の順に短い符号を割り当てて0,10,110,111などとすれば

"000001010110000100011100000"

27ビット。短くなりました。そして、このように最適な符号長を割り当てる手法がハフマン法だそうです。

 

参考:ファイル圧縮と解凍について

   ZIP,LHAの圧縮の仕組み - Qiita

 

⑥USB端子の種類

とは言われても、そんなに種類あるの?って感じです。いろいろ使ったけど大体の端子の形は同じに見える。

f:id:bhsm2270166:20170928114839j:plain

ははぁ、みんな違う…

左から順に、マイクロB、ミニB、タイブB、タイプA[メス/オス]という名称らしい。

それぞれ用途別にまとめると…

タイプA: パソコン側につなぐ端子は基本的にこの形、USBとかマウスもこれだね

タイプB:  プリンタやスキャナといったパソコン周辺機器側

ミニA: あまり使われない。今後は廃止される方向、かわいそう。

ミニB:  主にデジカメ等の接続に使う

マイクロA: スマホタブレット何かをつなぐ

マイクロB: スマホタブレット何かにつなぐ

 

AとBの違いは、Aは本体側、Bは周辺機器側になるように区別されている。

スマホを何かと繋ぐならマイクロUSBということのようだネ!